オペラって一期一会

2017.08.18 23:46|聴く

このところ忙しくしていたせいか、1ヶ月も更新が滞ってしまいました。
いくらやることがたくさんあるからって、忙くしすぎていては、
心の余裕をなくしてしまいますね・・・一息つく時間も作らなくては!

ネタも1ヶ月分さかのぼってしまうのですが^^;
声楽の友人に誘われて、東京二期会の企画による
オペラ『ばらの騎士』のプレ・ソワレというイベントに行ってきました♪

ドイツ文化センターにて、
7月に東京文化会館で行われるオペラ『ばらの騎士』の出演者、
幸田浩子さんと佐々木典子さんによるトーク。

過去に日本で上演されたオペラ『ばらの騎士』のVTRを見ながら
音楽評論家・広瀬大介さんによる解説も交えてきくことができました。

さて、オペラに疎い私は、2種類のVTRを見てびっくり!!
同じオペラ、同じシーンでも、
演出によってこんなにもセットや衣装、演技が違うとは!?

もちろん、その時々の歌い手さんの組み合わせ、
指揮者やオーケストラ、会場によっても違うわけで・・・

なるほど、オペラは総合芸術で、
ひとつひとつの舞台が唯一無二のものとなるわけですね~
いつの日か、自由な時間がたっぷり出来たら(老後!?)
いろんな演出のオペラを見比べる、なんていう贅沢な時間の使い方
してみたいかも?



評論家の方の解説は、初心者にもわかりやすく
R.シュトラウスについて、伝記を読んだときよりよほど勉強になりました^^;

R.シュトラウスは、オペラも交響曲も書くオールラウンダーだったということ。
『ばらの騎士』は、R.シュトラウスと同じようにオールラウンダーだった
モーツァルトへのオマージュだともいわれていること。

R.シュトラウス『サロメ』、『エレクトラ』といった前衛的なオペラを書いたが
どちらかというと古典的な雰囲気の『ばらの騎士』が、実はそれらより後に書かれていること。

そのため、前衛的路線から一歩引いた作品という印象を持たれることが多いけれど
よく聴くと、モーツァルトの時代には絶対に使われなかったような新しい和音、
挑戦的な工夫が随所に見られる、とのこと。

自分の葬式では『ばらの騎士』を流すよう言っていたことから
自身にとってもお気に入りの作品だったということがうかがわれるということ。
・・・などなど、解説してくださいました。

そういうことを知って聴くと、
知らなかった時とはまた違った聴き方ができそうです♪


さて、いちばんのお目当ては演奏の部でした。
お世話になっている声楽の先生が歌う
「元帥夫人、オクタヴィアン・ゾフィーの三重唱」

性別、年齢、身分、そして心情も異なる三者が
それぞれの歌詞、違うメロディで同時進行します。名曲です。

先生は舞台に出てきたときから元帥夫人のオーラをまとっていました。
出るだけで空気感を変えるって、すごい!もちろん歌も素晴らしかったです。

ところで、ピアノで三声の曲を弾くことがありますが・・・
単に10本の指で3つのメロディーを弾き分ける、という単純なものではなく
本当の三声ってこういうことなんだな!
って、痛感しました。
なんていうか、頭でわかっちゃいたけど、今まで実感できていなかったのような。

いろいろな収穫があったイベントでした。
誘ってくれた友人に大感謝♪




Comment

非公開コメント

ページトップへ