譜読み革命

2017.05.02 12:21|弾く
おっと、ピアノネタが久しぶりになってしまいました^^;
発表会のあとは、ちょっとした放心状態で練習サボり気味に・・・
趣味にだって休養は必要、人間ですからねっ!

春休みや新年度スタート、季節の変わり目だけに健康維持にも何かと苦労し
身辺も何となくバタバタでしたが、ようやく落ち着いてきました。
さ、譜読み譜読み・・・

これから譜読みしていくにあたって、私的に大きな決意をしました!
後ろから譜読み

ピアノが上手な方に、譜読みのコツを尋ねると
かなりの確率で「難しいところから譜読みを始める」と言われるので
これまでも試してみたことはあったんですよ!
でも、ダメだったんです。

だって、いきなり曲の途中から譜読みするなんて、気持ちがノらない~。
冒頭の素直で単純なメロディーお預けにしておいて、
複雑で飾られた変奏部を、しかも高速でなんて。

しかも、いきなり一番難しいところを練習するということは
そこを思うように弾けるようになるにもか~なり時間がかかりますから、
新しい曲がかたちになってきた!というワクワク感がなかなか味わえない。

行ってきまーす♪と家を出たとたんに断崖絶壁じゃ、なんだかな~
きっと私には、緩い裾野から徐々に急斜面を登って行く方が、
性に合っているんだわ
ま、結果的に最後まで辿り着ければ、いいじゃないの~

というわけで何度か挫折したあげく、すっかり忘れていたわけです。。。


でも、先日のひとり反省会で、ついに観念しました
毎年、本番で集中力が切れてしまった~と後悔するのは、いつも後半!
思いがけないミスが出るのも、後半!
ある程度、弾けるようになってから出来る対策はあれこれ試してきた。

となれば、あと変える余地ありなのは・・・弾けるようになる前の段階だろ~!
もう見て見ぬフリは出来ません・・・

新しい曲はどんな感じかしら~とワクワクする気持ちは
ちょろっと遊び弾きで味見しておく程度にしておいて
真面目な譜読みは、キリのいい部分でわけて『後ろから』始めました。

あえて『難しい所から』とはしませんでした。
そもそも『難所』の定義って難しいですし
(私にとって簡単なところなんて1小節もない気すらしてくる
どーせ、難しいところは後ろに多いんだろうし^^;

すると・・・最初は戸惑うことばかり。
スケジュールの都合で、
作曲者も形態も雰囲気も異なる3曲の譜読みを同時進行してるせいもあり
まぁ遅々として進みません。

いきなりコーダで、変化のめまぐるさにクラクラしたり
えっ最後の2頁だけテンポこんなにあがるの?それって可能??と不安になったり
うわ、ラストのテンションどこまでも高~!!!と途方にくれたり

でも幸いどの曲もまだ急ぐ必要がないので
とにかく少しずつ、丁寧に、落ち着いて。
今までみたいに1日で最初から最後までとりあえず一気に譜読みー!とかやめて
余力があったとしても1日1シーン以上は読まない、と決めて、
じっくり時間をかけて譜読みしました

そして今、どの曲も
ようやく最初まで譜読みができた段階あたりなのですが・・・

終わってみれば、
「最初は大変だったけど、だんだんラクになるってのもなかなかいいかも?

すいません、しごく月並みな感想ですが^^;

普通に前から譜読みしていくと、
次どう変化するんだろう?というドキドキ感があって、それが楽しいんだけど

後ろから譜読みしたときのほうが
あー!あの部分は、このメロディをアレンジしてたのか、と気づきやすかったかも。
あと、最初に辿り着いたとき、ゴールというか目指すところがしっかり見えていると思えました。

もっとつまらないかと思ったけど
これはこれで意外と楽しめる、のかも?

あと単純に、後半部分の練習回数の重ねが確実に増えますね!
難しいところのほうが手に馴染んでいる、という
今まで経験したことのなかった不思議な状況の現在です。

さあ、これが仕上がりにどう影響してくるかしら?
半年~1年かけての人体実験、がんばりまーす(笑)




Comment

No title

こんばんわ~!
この記事を読んで、早速私も次の曲を後ろから譜読みしてみました~!
最後のほうが難所で音の数が断然多くて、
限られた時間を有効活用するには、後ろから譜読みもアリi-197だなって思いました
先生にも、後の方が弾けてますって言っていただき、この方法のおかげです♪
おくりんさん! ありがとうございます!i-189

atsumiryさんへ

うれしいコメントありがとうございます♪
後ろから譜読み、試してみる価値アリですよね!

もしかしたら曲によりけりかもしれませんけど・・・
(あまりにも最後のほうが難しかったら、
最初の方までたどりつく前にムリ~って挫折しそうな気も。笑)



非公開コメント

ページトップへ