ライオンキングと方言

2017.08.26 13:51|観る
帰省中の恒例行事となりつつある、劇団四季の観劇。
この夏休み、地元でやっていたのは『ライオンキング』

この演目は男子にも人気がありますよね~。
ということで、初めて家族4人で見に行きました。

ミュージカルに興味のないダンナが
退屈して寝てしまったりしないだろうか、不安でしたが
さすがの『ライオンキング』、お腹に響く生演奏の打楽器や
迫力あるセット、まるで本物のように動く動物たち、
そしてキャスト(特に子役たち!)の熱演により
心配は杞憂に終わりました。

何と北海道弁で会話がされるシーンがあって
生粋の道産子であるダンナと私は大笑い。
ブロードウェイではニューヨークのブロンクス訛りで話される台詞の部分を
日本では各上演地の方言に翻訳?してるそうです。
粋な計らいですね~。



この後、しばらく我が家で
東京育ちの子どもたちによる、ちょっと妙な北海道弁が
流行ったのは言うまでもありません。

ところで子どもたちよ、夏休みの宿題は終わったんだべな?
ハクナ・マタタとか言ってる場合じゃな~い!!
ページトップへ