聴いて奏でて2倍楽しいクリスマス音楽会

2014.12.28 11:27|遊ぶ
先日、ムスメの通うピアノ教室で、クリスマス会がありました。
今年は発表会が出来なったので、代わりに…と、習い始めて3年ですが初めてのクリスマス会。

せっかくですからアットホームに楽しくやりましょう!と、
連弾あり、ハンドベルあり、吹奏楽部に入ってる中学生たちのフルートやグロッケンあり。
それらをわずか3週間でまとめあげた先生はスゴい😳

ムスメは、仲良しのお友達Kちゃんと連弾。なかなか難しそうな「クリスマスメドレー」「ケンタッキーの我が家」2曲を演奏しました。
前の週は先生に40点と評されたガタガタっぷりから、想像つかない堂々たる本番演奏で、あ〜子供の追い上げ力が心底うらやましい(笑)

まだ先生のもとに送り出してないムスコもまさかの出番が。
「ママと何か連弾してね〜」とムスコをそそのかす先生の横で、2週間で何を!?と絶句するワタシ😨
あわてて在庫楽譜を引っかき回し、チョプスティックスをやや難しくアレンジしたもの(←でも年長さんで弾けるレベル)を見つけたので、速さと強弱だけはバッチリ出して小学生レベルに仕立てる作戦…💦
知らない人の前で弾くのは恥ずかしい!としぶるムスコをおだてて木に登らせつつ追い立てる2週間、いやー、大変でした(T_T)

しかし終わってみればムスコは初めて家族以外の前で弾いたことが自信になった様子…よかった。
来年度からはムスコも先生にお願いする予定です。達者でな!


さて、お母さんたちにもお手伝いお願いしますね!と言われていたので
モチロンです、と裏方仕事を頑張る気でいたのに

何と余興部隊でした(笑)
保護者によるハンドベル演奏に加え
むかし吹奏楽部だったママたちによる合奏、という演目を組まれ
しかし内容は丸投げ!^^;

クラリネット、フルートの出来るお母さんたちと
時間ない!とややパニックになりながら、選曲・編曲・練習をして
「星に願いを&聖者の行進」メドレーで演奏しました。
中学生フルートちゃんも参加してくれて、ついに子世代とも音楽を楽しめるようになったか…と感慨深かったです。

怒涛の3週間でしたが、わーーーーっと色んなことを追い上げる感じが学生時代みたいで懐かしく、まだまだ私たちもいけるじゃんとママさんたちと健闘をたたえ合いました(笑)
我が子のみならず、他の生徒さんや保護者の方たちと音楽を通じて交流がもてたことは、新たな経験✨

普段なかなかゆっくり話す機会がないムスメの先生が、人を繋ぐ手腕に長けていたという新たな一面を知ることもできましたし(笑)
3年目ともなると他の生徒ちゃんたちの顔と名前も覚えてきて、その子たちの成長を目の当たりにすると、発表会って保護者としての楽しみ方もあるものだなぁと実感しました。

これからが楽しみです。




管楽器と遊ぶ♪

2013.12.04 19:14|遊ぶ
今年に入って引越すまで10年を過ごした社宅では
同じ年頃の子供をかかえたご家庭が多く
育児の山谷を支え励まし合う戦友(?)がたくさん出来ました。

そんな長い付き合いの友人たちですが、
実は楽器経験者が多いことが最近になって判明、
「育児仲間」が突如、兼「音楽仲間」に
中・高いずれかでブラスバンドに入っていた方って多いのですね~。

お仕事しているママさんもいらっしゃるため
週末に家族ぐるみで集結した4名の女性陣。
うち、フルートを吹けないのは何と私だけ!!
ピアノ人口が最も多い世代と思っていたのに
少数派に回るとは思ってもみませんでした^^;

プロヴァンス風の素敵なKちゃんママ宅で
4人でフルート2本、クラリネット1本、ピアノ1台
楽譜をめくっては弾けそうな曲をかき鳴らす音楽タイムの始まり~

フルートのお2人は、これ弾けそう、とかって
スグに合奏しちゃうんです。
まーーー楽しそう!!羨ましい!!!

だってピアノは音符が多いので
よほど初歩的な譜面じゃなければ、連弾の即合わせは難しいですからね。
大抵「じゃー次回までに練習してくるってことで」ですから。

Kちゃんママと私のピアノ連弾にも
すぐにフルートがのっかってきたのには驚きました。
連弾に重ねて合奏、ってアリなんだ。そうかぁ~。

クラリネットの伴奏をさせていただいたときは
楽器の横っ腹にも音孔が開いているのに気づき興味津々。
あ、私クラリネットをまじまじと見るのは初めてだったもので・・・
リコーダーみたいに表裏にしか音孔がないと思ってたんです

こうやって気軽にセッションしあう、というのは
ブラスバンド未経験の私にとってはとても新鮮でした。
ガツガツ求道するだけが音楽じゃない、
こんな楽しみ方もあるのね~、と


・・・こうやって書いてると、優雅な雰囲気っぽい錯覚に陥りますが
何しろ隣の雑木林に子供8匹、じゃなかった8人を
放牧しながらの音楽会ですから

合間にムスメたちの一発芸(なぜか箒を抱えてエアギター大会)を鑑賞したり
切り株によじのぼってジャンケン大会をさせられたり
ムスコたちが脱走した!と通報が入って慌ててたりとか
総勢14人の食事の準備に奮闘したり
ドタバタしている時間のほうがずーっと長かったんですけどね


娯楽が少なかった時代の音楽の楽しみ方って
きっとこういう感じだったのでは?なんて
何となく想像してみたり

管楽器の皆さんがうらやましかったワタシですが
「ピアノ伴奏が入ると、上手くなった気分になる!」と
喜んでいただけて、嬉しい気分でありました

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽

ページトップへ